【月極】バイク駐車場の種類と相場、裏技的見つけ方

  • 保管
  • 記事公開日:2017年04月11日
  • 最終更新日:2020年05月18日

意外と困るバイクの駐車場所。
日常の足としてつかうだけのスクーターなら気楽ですが、それ以外のバイクであれば、ある程度安心な場所に停めたいですよね。
でも、アパートやマンションにはバイクの駐車場がない物件が多いし、たとえ一戸建て住みであっても、ちょうど良いスペースがないことも。

できればセキュリティの高いバイク専用コンテナなどに停めたいですが、
月額利用料が高かったり、家から遠かったり、希望に合うちょうど良い駐車場をみつけることが難しかったりします。

そこで今回はバイク駐車場を種類別にわけて、それぞれの相場を紹介したいと思います。
バイクの駐車場はさまざまなタイプがあり、費用や用途によってベストな折り合いをつけたいところ。
さらに、実際に私が実行したことがある裏技的な駐車場の見つけ方も。
バイクの駐車場選びに困っている方の参考に慣れば幸いです!

バイク駐車場を4種類に分けてみた

屋外駐車場

ざっくりした相場:3,000〜6,000円/月

街中のちょっとした空きスペースや、時間貸しの車の駐車場に併設されていたりします。
複数台停められるよう地面にラインが引かれ、番号が振ってあるのが一般的ですね。
場所によっては、ラインではなく、金属製のU字ポールで仕切っているものもあります。
この場合、このポールにチェーンがかけられるので、少しセキュリティは高めですね。
ただ、やはり雨は直に受けてしまうので、バイクカバーは必須かと思います。
駐車場として簡易的であり、環境もよくなため、相場は一番安いといえるでしょう。

屋内駐車場

ざっくりした相場:7,000〜10,000円/月

マンションの地下や、専用の屋根がついたタイプの駐車場です。
地下タイプの場合はエレベーターがついてあることも。
雨風にさらされる心配がなく、バイクが痛みづらいですね。
セキュリティとしても屋外より高いと思います。
ただ、共用スペースになっている部分が多いので、
家内といえどもバイクカバーとチェーンをして、しっかり防犯している方が多い印象があります。
駐車場を作るにあたり、そこそこ手間がかかっており、環境もまあまあ良いため、
相場は屋外よりもやや高めに設定されていることが多いかと思います。

バイク専用コンテナ

ざっくりした相場:10,000〜20,000円/月

屈強な金属でできた箱の中に駐車することができます。
主に空き地に複数置いてある印象です。
通常は1コンテナにつき、1台のバイクを停める専用コンテナとなっており、
鍵も複数個ついているものもあります。
セキュリティは最高レベルと言えるでしょう。
しかし、そんなバイクコンテナだからこそ、高いバイクが置いてある確率が高く、
窃盗団に狙われやすいとも言われています。
実際にコンテナの鍵を破壊されて、盗まれてしまうケースも。
ひとけのない立地にあったり、窃盗用のワゴン車が入りやすそうなレイアウトの場合は、
コンテナであってもチェーンや複数ロックをしておくことも考えてもいいと思います。
(出すのにかなり面倒ですが…)

バイク屋に併設された駐車場

ざっくりした相場:15,000〜18,000円/月

数は少ないのですが、まれにバイク屋に併設されている駐車場もあります。
屋内の余ったスペースに複数台とめれるようになっている場合が多いかと。
実はこの駐車場、なかなか穴場的だし、オススメだと思います。
というのもセキュリティが高く、コンテナより安めだという事。
なかにはセコムなどの本格セキュリティがついていることも。
常に人がいますし、まず窃盗団に狙われる事はないと言えるでしょう。
そして、万が一バイクにトラブルが起きても、すぐに修理することもでき、
さらに、バイク屋での整備が少しやすくなったりと特典も見込めます。
展開している店舗は少ないですが、家の近くにあるなら狙い目です。

バイク駐車場の裏技的探し方

しかし、バイクの駐車場は意外と埋まっている事が多く、
とくに条件の良いものだと、常に満車ということもめずらしくありません。
私も実際に駐車場を探しまくっては、いいところを見つけるのですが、
満車で入れないという経験をしてきました。

よってある程度妥協が必要になるかと思います。
また、バイクは少なくとも1年は持つかと思いますので、
月額利用料は少しの違いでも、年間で考えると大きな違いとなります。
できれば1,000円でも安いところに停めたいところです。

家からの距離も大事ですが、このあたりは融通を利かせやすいので、
妥協のポイントは「月額利用料」と「セキュリティ」になるかと思います。
それらを二つとも叶えるには、
屋外でもセキュリティが高い環境の駐車場を探すという方法がオススメです。

狙うタイプはズバリ、「マンション併設の屋外駐車場」です。
以下に理由をあげていきます。

実はセキュリティが高い環境

①人通りが多い
②交番が近い
③地球止めができるポールがある
④車が入りづらい

窃盗犯は複数人で行動する事が多く、
大型バイクであれば、ハイエースなどのワゴン車でバイクをさらっていきます。
犯行時はいやおうにも目立つため、短い時間で盗めなそうであれば、
あきらめる可能性が高いと考えています。
よって、上記に条件に当てはまる数が多いほど、セキュリティが高いと個人的には考えています。
そしてマンション併設タイプでは、①③④の条件を満たしている事が多いのです。
また、監視カメラが通り道についているというところもありますね。

マンション併設タイプは屋根付きである事が多い

さらに、マンション併設タイプは、屋根付きである物件が多いのも特徴。
雨ざらしによるダメージも避けたいところですよね。
コンテナほど完璧ではないですが、バイクカバーをしっかりしていればまず濡れる事はありません。

実はバイク駐車場サイトに掲載されていない駐車場でも借りられる事がある

さらにさらに、裏技としては、駐車場検索サイトに掲載されていない駐車場を探すという手も。
先述の通り、すぐに探せる好条件の駐車場は満車な事が多いですが、
そもそも検索で発見できない駐車場であれば、好条件でも空いている可能性は大です。
バイク駐車場サイトに掲載していない駐車場というのは、「住居者でないと借りられないという条件」のものです。
しかし、中には住居者でなくても借りられるものがあるんです。

どうやって探すか?
それを見つける方法としては、住宅の検索サイトを使用します。
バイク駐車場付きという条件にチェックを入れ、検索していきます。
そしてめぼしい物件があったら、
マンションであれば、だいたい管理会社が別にありますので、
直接そちらへ電話して聞いてみるのです。
なんだか不審者みたいに思われたり、ちょっと嫌な感じはしますが、
「いい駐車場がなかなかみつからなくて。。。」というスタンスで丁寧に聞けば大丈夫!(自分も恐る恐る聞いてました笑)
多少骨は折れますが、お宝駐車場が見つかる可能背は高いですね。

いかがでしたか??
参考になれば幸いです!良い駐車場を見つけて快適なバイクライフを。。。
最後にバイク駐車場を検索できるサイトを紹介しておきます。

バイク駐車場が検索できるサイト

加瀬のレンタルボックス

https://www.kase3535.com/

※全国展開で大きなコンテナからセキュリティの高いバイクヤードまで物件が豊富。サイトが調べやすく現在の空き状況がわかるのもうれしい。

日本二輪車普及安全協会

http://www.jmpsa.or.jp/society/parking/

※地図上で探せるから便利!

ニリーン

https://bike-parking.jp/

※サイトがみやすい

goobike

http://www.goobike.com/parking/

※情報量が多い!

eトランク

http://e-trunk.jp/

※メジャーなサイトで探しまくった後、たどり着いたサイト。他ではのってないマニアックな物件があるかも…

2 件のコメントがあります “【月極】バイク駐車場の種類と相場、裏技的見つけ方”

  1. 高橋直樹 より:

    拝見させていただき参考になりました。私は不動産屋まわって良い物件を探しあてました。室内シャッター鍵付き!東京板橋区で6000円!かなりの格安。

    • パタロウ wabisabi より:

      都内で室内シャッター付き6000円は激安ですね!!
      さぞ苦労してさがされたのでしょう。。。
      おめでとうございます!^^

お気軽にコメントをどうぞ

※コメントは管理者の承認がおりてから掲載されます。
※スパム防止のため、「私はロボットではありません」にチェックを入れてからでないと投稿できません。

CAPTCHA


最新記事

  • 記事公開日:2020年08月10日
  • 最終更新日:2020年08月11日
  • カテゴリーバイクの種類
  • 記事公開日:2019年12月12日
  • 最終更新日:2019年12月15日
  • カテゴリーバイク用品