バイク初心者に送る自分にあったバイクの選び方-診断ツールあり

「バイクを買おう!」と決意したものの、いったい何を選んだら良いやら。。。
そんなバイクの知識がほとんど無い方の為に、バイクの選び方の参考になれば幸いです。

始めは「どういう基準で選んで良いかわからない…」「自分に合うのはどういうバイクだろう…」などとわからない事だらけかと思います。私もそうでした。
バイクは本当に色々な種類のものがあります。。価格も性能も維持費もさまざま。。知っておくべき情報は意外と多いのです。

バイクは高い買い物です。購入してから後悔しないように出来るだけ下調べしてから購入する事をお勧めします。

以下の内容を読みすすめながら、各所の選び方を憶えておけば、最後はその選択を元にどういうバイクが自分にあっているのかわかるようになる。。。はず。。

自分にあったバイクの選び方とは?

ここでは取得している免許ごとに、まずは3つの軸で見ていく事をお勧め致します。
優先順に以下3つに絞りました。

  • 1.熱意
  • 2.価格(維持費も含む)
  • 3.使い方

1.自分のバイクへの熱意を図る

熱意は非常に大事な要素だと思います。
というのも、バイクは趣味の要素が大きいと考えているからです。

この熱意を5段階で分けてみましょう。例えば以下のようになります。

  • A.何がなんでも欲しい!
  • B.無理は出来ないけどすごく欲しい!
  • C.価格と使い方があえば良い!
  • D.コスパが良ければOK
  • E.なんでも良い

ここでDとEの方は、趣味としてではなく実用的に使う事を想定していると思われます。
実用性で言えばスクーターに勝る物はありません。という事でスクーターが良いと思います。もう決まりましたね笑
DとEの方に向けては違う記事を準備中ですので、そちらをご覧頂きたいと思います。

残りA、B、Cの方は、バイク欲しい熱が高めの方です。つまり趣味としてバイクに乗る事を想定していると言えます。
特にAの方。これにあてはまる方は、もう既に乗りたいバイクがあるのではないかと思われます。よって「2.価格」も「3.使い方」も無視して下さい。

というのも、後悔することになっても「乗りたいバイクに乗る」というのはすごく重要な事だと思っているからです。
どこかで妥協して違うバイクを購入してしまうと、やっぱり後悔をして、結局下取りに出して欲しかったバイクを買ってしまうものです。。
これって結構金銭面のロスが大きいのです。。

では、残りのBとCの方は、次の要素である価格帯について検討していきます。

2.維持費も含め、予算を設定する

決定したい項目は以下の2つです。

  • 1.車両価格
  • 2.車検の有無

1.車両価格の注意点

どれくらいの額のバイクなら購入出来そうか、上限を決めておきます。
ここで注意したいのは、新車でも中古車でも、一般的には「車両価格」と「乗り出し価格」に分かれるという事です。

上限を設定する価格はこの「乗り出し価格」を想定しておく事が大事です。

「車両価格」とはそのままバイク本体の価格ですが、「乗り出し価格」とは車両価格に法定費用や販売店手数料を上乗せした価格です。
バイクを整備する費用や、車検を通したりして乗れる状態にして渡す為の諸費用になり、つまり最低限支払わなければいけない価格です。

ネットなどでバイクを検索すると「車両価格」しか掲載のないものも多いのですが、それに乗り出し分の費用が掛かる事を忘れないようにしましょう。

上積みされる価格は購入店に聞く事が一番ですが、目安として大体3〜10万円です。
排気量が大きい程、この価格は大きくなると思って下さい。

2.車検の有無を確認しておく

400cc以上のバイクは車検を定期的に受けなければなりません。新車時で3年後、中古の場合2年毎に実施されます。

一概にはいえないですが、ディーラーに頼むと費用は大体5万円ほど掛かると思って下さい。一緒に整備をされてしまう場合も多く、その際は5〜10万円ほど想定しておいた方が無難です。

車検には自分で通す「ユーザー車検」というものもあります。こちらだと大体2〜3万円ほどで済むみたいです。

3.使い方をよく考えてみる

バイクが欲しい!そしてこれくらいの価格帯がいい!
という事が大体定まってきたら、あとは使い方を考えてみる。

使い方とは「どれくらい乗るか」「どういう事をしたいか」に絞って考えると良さそうです。

いつ、どれくらい乗るか

職場や学校までの通勤・通学の足として使うなら平日の週5日だし、趣味として乗るなら大体土日祝日という方がおおいのでは?
あとは両方!という方もいるはず。

一般的には通勤・通学で使うなら【乗りやすい】バイクが良いとされてはいます。
そうするとエンジンが大人しかったり、積載性の高いスクータータイプや、クラシックタイプのバイクがぴったり、となります。

いっぽう趣味で週1日くらいしか乗らないという事なら、スポーツタイプやツーリングタイプ、オフロードなど、走りが楽しいバイクが良いとされています。

ただしどれも一般論として認識しておいて、参考程度にするのが良いかと思います。

どういう事をしたいか?

大きく分けると以下の5つのタイプになるかと思います。

  • a.普段の足として気楽に使いたい
  • b.単独でゆったり気軽なツーリングがしたい
  • c.大勢で遠くへ本格的なツーリングしたい
  • d.峠などの山道で走りを楽しみたい
  • e.サーキットでバリバリ走りたい

最も実用的な使い方のaから、走りを楽しみたいeまで段階的に並べました。
どれか1つだけではなく、複数あてはまる場合がほとんどかと思います。

まとめ:結局自分に合うバイクは??

診断ツール作りました!
当てはまる項目を選択して、自分に合うバイクを探してみてください!

自分に合うバイク診断ツール

あなたにピッタリのバイクは??

※全ての項目に入力してから結果を表示ボタンを押して下さい。
※結果を表示ボタンを押してからページがかわるまで少し時間がかかります。

問1 : バイク購入への熱意は?
問2 : どういう使い方をしたい?
問3 : 予算は?
問4 : 出来るだけかっこいいバイクがいい!(システム上必要な設問)
問5 : 初めてのバイク購入に失敗したくない!(システム上必要な設問)

診断結果まとめ表はこちら

予算:10〜30万円

A〜E:A.何がなんでも欲しい!・B.無理は出来ないけどすごく欲しい!・C.価格と使い方があえば良い!・D.コスパが良ければOK・E.なんでも良い
a〜e:a.普段の足として気楽に使いたい・b.単独でゆったり気軽なツーリングがしたい・c.大勢で遠くへ本格的なツーリングしたい・d.峠などの山道で走りを楽しみたい・e.サーキットでバリバリ走りたい

a b c d e
A 好きなバイクを買う!
B ミニバイク(150cc前後)
スクーター(125〜150cc)
アメリカン(100〜250cc)
クラシック(100〜250cc)
ミニバイク(150cc前後)
スクーター(125〜200cc)
アメリカン(100〜250cc)
クラシック(100〜250cc)
ネイキッド(250cc)
オフロード(100〜250cc)
ミニバイク(150cc前後)
スクーター(150cc前後)
アメリカン(100〜250cc)
ネイキッド(250cc)
ミニバイク(150cc前後)
スポーツ系スクーター(200cc前後)
スポーツ系ネイキッド(250cc)
スーパースポーツ(250cc)
ミニバイク(150cc前後)
スーパースポーツ(250cc)
C ミニバイク(100〜150cc前後)
スクーター(125cc)
アメリカン(125cc前後)
ネイキッド(150cc前後)
クラシック(150cc前後)
ミニバイク(100〜150cc前後)
スクーター(125〜200cc)
アメリカン(125cc前後)
クラシック(100〜250cc)
ネイキッド(250cc)
オフロード(125cc前後)
ミニバイク(100〜150cc前後)
スクーター(125cc前後)
アメリカン(125cc前後)
ネイキッド(125〜250cc)
ミニバイク(125cc前後)
スポーツ系スクーター(150cc前後)
スポーツ系ネイキッド(125〜250cc)
スーパースポーツ(125〜150cc)
ミニバイク(125cc前後)
スーパースポーツ(125〜250cc)
D スクーター(125cc前後)
ネイキッド(125cc前後)
クラシック(125cc前後)
スポーツ系スクーター(125〜200cc)
ミニバイク(150cc前後)
ネイキッド(125cc前後)
クラシック(125cc前後)
スポーツ系スクーター(125〜200cc)
アメリカン(125cc前後)
ネイキッド(125cc前後)
クラシック(125cc前後)
スポーツ系スクーター(125〜200cc)
ミニバイク(150cc前後)
ネイキッド(125cc前後)
スーパースポーツ(125〜150cc)
スーパースポーツ(125cc〜250cc)
E スクーター(100cc前後) スポーツ系スクーター(100cc前後)
ミニバイク(125cc前後)
ネイキッド(125cc前後)
クラシック(125cc前後)
スポーツ系スクーター(125cc前後)
ミニバイク(125cc前後)
アメリカン(125cc前後)
ネイキッド(125cc前後)
クラシック(125cc前後)
スポーツ系スクーター(125cc)
ミニバイク(125cc)
ネイキッド(125cc前後)
スーパースポーツ(125cc前後)
ミニバイク(100cc前後)
スーパースポーツ(125cc前後)

予算:30〜50万円

A〜E:A.何がなんでも欲しい!・B.無理は出来ないけどすごく欲しい!・C.価格と使い方があえば良い!・D.コスパが良ければOK・E.なんでも良い
a〜e:a.普段の足として気楽に使いたい・b.単独でゆったり気軽なツーリングがしたい・c.大勢で遠くへ本格的なツーリングしたい・d.峠などの山道で走りを楽しみたい・e.サーキットでバリバリ走りたい

a b c d e
A 好きなバイクを買う!
B ビッグスクーター(250cc)
アメリカン(250cc)
クラシック(250cc)
ビッグスクーター(250cc〜400cc)
アメリカン(250〜400cc)
クラシック(250〜400cc)
ネイキッド(250〜400cc)
オフロード(250cc前後)
ビッグスクーター
アメリカン
アドベンチャー
ツアラー
スポーツ系ビッグスクーター(200〜400cc)
スポーツ系ネイキッド(250cc〜400cc)
スーパースポーツ(250cc)
スーパースポーツ(250cc〜400cc)
C ミニバイク(150cc前後)
ビッグスクーター(250cc)
アメリカン(250cc)
クラシック(250cc)
ミニバイク(150cc前後)
ビッグスクーター(250cc)
アメリカン(250cc)
ネイキッド(250〜400cc)
ネイキッド(250cc)
ツアラー(250cc)
スポーツ系ネイキッド(250cc)
スーパースポーツ(250cc以下)
スーパースポーツ(250cc)
D ミニバイク(150cc前後)
ビッグスクーター(150cc)
アメリカン(150cc前後)
クラシック(100〜150cc)
ミニバイク(150cc前後)
ネイキッド(250cc)
ネイキッド(250cc)
ツアラー(250cc)
ネイキッド(250cc)
スーパースポーツ(250cc以下)
スーパースポーツ(2スト・250cc以下)
E 30万円以上のものは買わない方が良い…

予算:50〜100万円

A〜E:A.何がなんでも欲しい!・B.無理は出来ないけどすごく欲しい!・C.価格と使い方があえば良い!・D.コスパが良ければOK・E.なんでも良い
a〜e:a.普段の足として気楽に使いたい・b.単独でゆったり気軽なツーリングがしたい・c.大勢で遠くへ本格的なツーリングしたい・d.峠などの山道で走りを楽しみたい・e.サーキットでバリバリ走りたい

a b c d e
A 好きなバイクを買う!
B ビッグスクーター(400〜500cc)
アメリカン(400〜800cc前後)
ビッグスクーター(400〜500cc)
アメリカン(400〜800cc前後)
クラシック(250〜800cc)
ネイキッド(600〜1000cc)
オフロード(800cc前後)
ビッグスクーター
アメリカン
アドベンチャー
ツアラー
スポーツ系ビッグスクーター(800cc前後)
スポーツ系ネイキッド(600〜1000cc)
スーパースポーツ(600〜1000cc)
ストリートファイター(600〜1000cc)
スーパースポーツ(600〜1000cc)
C 50万円以上のものは買わない方が良い… ネイキッド(250〜600cc) ツアラー(400〜600cc) スポーツ系ネイキッド(400〜600cc)
スーパースポーツ(400cc以下)
スーパースポーツ(600cc以下)
D 50万円以上のものは買わない方が良い… ネイキッド(250cc) ツアラー(250cc) スポーツ系ネイキッド(250cc)
スーパースポーツ(250cc)
スーパースポーツ(250cc)
E 50万円以上のものは買わない方が良い…

予算:100万円〜

A〜E:A.何がなんでも欲しい!・B.無理は出来ないけどすごく欲しい!・C.価格と使い方があえば良い!・D.コスパが良ければOK・E.なんでも良い
a〜e:a.普段の足として気楽に使いたい・b.単独でゆったり気軽なツーリングがしたい・c.大勢で遠くへ本格的なツーリングしたい・d.峠などの山道で走りを楽しみたい・e.サーキットでバリバリ走りたい

a b c d e
A 好きなバイクを買う!
B ビッグスクーター(500cc前後)
アメリカン(1000cc以上)
ビッグスクーター(500cc前後)
アメリカン(1000cc以上)
クラシック(1000cc前後)
ネイキッド(1000cc前後)
オフロード(800cc前後)
ビッグスクーター
アメリカン
アドベンチャー
ツアラー
スポーツ系ビッグスクーター(800cc前後)
スポーツ系ネイキッド(1000cc前後)
スーパースポーツ(1000cc前後)
ストリートファイター(1000cc前後)
スーパースポーツ(1000cc前後)
C 100万円以上のものは買わない方が良い… ネイキッド(250〜600cc) ツアラー(400〜600cc) スポーツ系ネイキッド(600cc前後)
スーパースポーツ(600cc以下)
スーパースポーツ(600cc前後)
D 100万円以上のものは買わない方が良い…
E 100万円以上のものは買わない方が良い…

少しはお役に立てましたでしょうか?
自分に合いそうなバイクの種類がわかったら、次は代表的な「バイクの全カテゴリー(全種類)まとめ」のページもよろしければどうぞ。

お気軽にコメントをどうぞ

※コメントは管理者の承認がおりてから掲載されます。
※スパム防止のため、「私はロボットではありません」にチェックを入れてからでないと投稿できません。

CAPTCHA


最新記事

  • 記事公開日:2019年12月12日
  • 最終更新日:2019年12月15日
  • カテゴリーバイク用品
  • 記事公開日:2019年09月02日
  • 最終更新日:2019年09月04日
  • カテゴリーバイク用品