魅惑のカーボンヘルメットまとめ2019-ブランド別フルフェイス代表モデル

  • バイク用品
  • 記事公開日:2019年09月02日
  • 最終更新日:2019年09月04日

バイク自体にこなれてきた時、知り始めるのがカーボンの存在。
そして、カーボンヘルメットも同じ頃に知り始めるであろう…
カーボンといえば、軽量で引っ張りに強く腐らないという、優れた性能を持っています。
その特性を活かして、ヘルメットにも採用され、バイク用のヘルメットのラインナップは意外と多い。
ただ、値段もそれなりにしてしまう…
と、思いきや、手が届きやすいお値段のものも増えてきた!

ということで、今回はカーボンヘルメットについて、メジャーメーカーの代表的モデルを紹介したいと思います。
カーボンヘルメットはジェットタイプもあるのですが、今回はメジャーなフルフェイスだけをピックアップしています。

また個人的には、ヘルメットは飾るよりもかぶってなんぼかなと思うので、紹介するのはお値段がお手頃な順にしました。
カーボンという素材自体は実際にレース車両にも多く使われており、かなりレーシーなイメージですが、無地プリントのものなどはカジュアルな服にも全然マッチするしかっこいいのがいいですね!

それではいってまいりましょう!

カーボンヘルメット2019-ブランド別フルフェイス代表モデルまとめ

OGKカブト RT-33R

MFJ公認
重量:1480g前後
値段:50,000円55,000円前後

日本メーカーのカーボンヘルメットといえばOGKカブト!
ってくらいメジャーな気がします。
なんといっても実用的な値段設定がうれしいですね。
またMFJ公認なのでレースやる人もOKです。

各通販サイトでの一覧はこちら

ウインズジャパン A-FORCE CARBON

MFJ公認
重量:1,250g前後
値段:30,000円35,000円前後

こちらも日本メーカーのWINS。
こちらのカーボンは何と言っても軽い!
メーカーもクラス最軽量を謳っています。
また、値段が安いのもいい感じ。
強いていえばちょっとブランド的には弱いかも…
割り切って買う分にはいいかもしれません。

各通販サイトでの一覧はこちら

NOLAN X803ULTRA CARBON

MFJ公認
重量:
値段:58,000円前後

イタリアメーカーのNOLAN。
やっぱりヨーロッパメーカーは形がかっこいい気がしますね。内装が緑なのも特徴的。
また、NOLANのカーボンはツヤありとツヤなしのカーボン素材が選べるのも面白いです。

各通販サイトでの一覧はこちら

LS2 ARROW C EVO

MFJ非公認
重量:1550g前後
値段:37,000円40,000円前後

スペインのメーカーLS2。
こちらのカーボンヘルメットもお手頃で実用的です。
他のヘルメットと比べ、カーボンの網目が太いのも特徴的。
比較的重量は重めかも。

各通販サイトでの一覧はこちら

SHARK SPARTAN carbon

MFJ非公認
重量:1290g前後
値段:50,000円80,000円前後

フランスのSHARK。特徴的なフォルムです。
値段は高くも安くも無い感じ。
このモデルはインナーバイザー付きなので、カーボンヘルメットの中では珍しいかも。

各通販サイトでの一覧はこちら

SIMPSON M30 carbon

MFJ非公認
重量:1250g前後
値段:70,000円100,000円前後

SIMPSONを代表するモデルのひとつ、M30。
このカーボンモデルもかなりイカしてます。
ドクロな感じが個性的で悪そうですね。
アメリカンをはじめ、ストリートファイターやSSなんかも似合いそうです。
お値段はちょっとお高め。

各通販サイトでの一覧はこちら

BELL Eliminator Carbon

MFJ非公認
重量:
値段:70,000円前後

個性的なヘルメットが多いBELL。
こちらのヘルメットも天井に穴が空いていたりして、レーシーというよりもレトロな雰囲気を醸し出しています。イカついアメリカンに似合いそうですね。

各通販サイトでの一覧はこちら

AGV Pista GP R Carbon

MFJ公認
重量:
値段:180,000円200,000円前後

最新鋭の技術が盛り込まれているらしく、空力や安全性、ベンチレーションもいいみたいです。すごくレーシーな見た目ですね。
ただ、お値段がめちゃ高いので、落としたら心の方も凹みそう…

各通販サイトでの一覧はこちら

Arai RX-7X SRC

MFJ非公認
重量:
値段:250,000円前後

国内では最大手のブランドAraiからも出ています。最新のカーボンテクノロジーで高剛性力で軽量とのことなのですが、かなり高額だし、MFJ非公認でレースにも使えないという謎の仕様に…
すごいんですけど実用性は低そうですね。
これはAraiの技術力を試したヘルメットなのかもしれません。

以上!
各メーカーの代表的なカーボンヘルメットでした。
これからもモデルチェンジがあるでしょうし、最新のに変わっていったら更新していく予定です。

お気軽にコメントをどうぞ

※コメントは管理者の承認がおりてから掲載されます。
※スパム防止のため、「私はロボットではありません」にチェックを入れてからでないと投稿できません。

CAPTCHA


最新記事

  • 記事公開日:2019年12月12日
  • 最終更新日:2019年12月15日
  • カテゴリーバイク用品
  • 記事公開日:2019年09月02日
  • 最終更新日:2019年09月04日
  • カテゴリーバイク用品