SS(スーパースポーツ)に似合うバイクファッションを考える

フルカウルのバイク、スーパースポーツに似合う服装とは!?
実際の写真を参考にしたい!

バイクに乗っている時の姿って、自分ではあまり見ないので、服装についても想像がしにくいですよね。
そんななかなか参考にする機会がない、スーパースポーツに似合うファッションについて考えてみました。
私が「かっこいいな!」と感じた、スナップ写真とあわせて紹介していきます!

まずはスーパースポーツの特徴を考える

出典:ヤマハ

なんといってもレーシングな見た目であるという事。バイク前方がカウルで覆われ、フルカウルとも呼ばれます。
他にもピンと跳ね上がったシート、太いリアタイヤ、フレームにギュウギュウに詰まったエンジン類。
スポーツ色が強い」という印象ははっきりしています。
やっぱりスポーティな格好をするのが似合いそうですね。

SS(スーパースポーツ)に似合うレーシング系バイクファッション例

本格レーシング系の服装

レーシング+カジュアルを取り入れたファッション例

この投稿をInstagramで見る

Semuanya harus saling melengkapi ada pagi ada malam… .🚦🚥🚦 ———————————————- 👈 Press Follow. . .———————————————- . . 📸 @nordiacs Taking lean to the next level 😎 . .⤵️ ———————————————– @galangrizky18 @one3motoshop @roisgustaambara @surabayadragcom @robbyadhipatii @adam_bertram_25 @gaya.motorsport @bharyo @speedfreak3991 @tommysalim75 @irwanriyadi19 @gazzracingcloth_yogyakarta @ricko_bochel177 @irulltolle @ninja_owner_surabaya @donny_nosmoge Make Sure to follow @true_riderz @bikertube @dreammotorbikes ———————————————— . . DM 4 Credit: @schaaf_gopro_only @true_riderz @bikertube @dreammotorbikes @surabayadragcom ➖➖➖➖➖➖➖➖ #motorcycle #honda #ktm #ducati #r1 #r6 #gsxr #hondalife #aprilia #bmwmotorrad #s1000rr #hondalove #cbr600rr #zx10r #cbr1000rr #kawasakininja #bmwmotorsport #gsxr1000 #panigale #gsxr600 #yamahar6 #yamahar1 #bikershir

Sate _ Moge(@sate_moge)がシェアした投稿 –

レーシング系のアイテム別に分析

スーパースポーツを見てイメージするのはやっぱりサーキットを走る姿。
レーシングスーツに身を包んでバリバリ攻めるイメージですよね。
そもそもは、そのために作られたのがスーパースポーツですので自然な事だと思います。
レーシング系の服装は、独特な雰囲気が出ますが、スポーティなマシンにはマッチします!
ただ「公道なのにレーシングスーツ?」と違和感がある場合もあり、バイクから降りてしまうと浮いてしまうなどのデメリットもあるので注意。
また、上半身だけジャケットで下はデニムでカジュアルにと、バランスをとるのも良さげ。
こちらだと真似しやすいですね。

フルフェイスヘルメット

やはりスポーティなイメージにはフルフェイスですよね。
特に各メーカーのフラッグシップモデルは、風の抵抗を受けづらいように最大限考慮されており、それが非常にスポーティな印象を与えています。フルカウルでスポーティなSSにはぴったりですね^^
レプリカデザインや、レーシーなカーボン素材なもの、単色で渋いのもいいですね。
具体的にはAraiのRX-7X、SHOEIのX-Fourteen。海外ブランドではAGVのPISTA GP RCORSA R、NOLANのX803などがあります。

購入できる場所

メーカー直営店舗
バイク量販店全般(2りんかん・NAPS・南海部品・ラフ&ロード 等)

▼ヘルメットブランドの紹介ページはこちら!

レーシングツナギ

ツナギには派手なカラーリングも多いですが、特にブラック系のつなぎであれば、公道でもマッチしやすそうですね。ブランドとしてはどうしても海外ブランドの方がシンプルで色使いも良く、カッコいい感じがします。
個人的には、ダイネーゼ(DAINESE)アルパインスターズ(alpinestars)レブイット(REVIT)などのヨーロッパ系ブランドがいいですね。

購入できる場所

メーカー直営店舗
バイク量販店全般(2りんかん・NAPS・南海部品・ラフ&ロード 等)

レーシングジャケット、レザー/ナイロンジャケット

一番使い勝手がいいと言えるアイテム。インナーにパット入りのものがほとんどで、安全性が高まります。なかには外側にパットがついているものも。レーシーに決めるならやはりレーシングジャケット(レザー)がオススメです。安全性も高いですしね。

購入できる場所

メーカー直営店舗
バイク量販店全般(2りんかん・NAPS・南海部品・ラフ&ロード 等)

レーシングブーツ

ハイカットのものが多く、地面と擦れても問題ないよう、つま先に加工がされていて、全体的にごつい印象。カラーリングも多様で、アクセントにするのもGOOD!

購入できる場所

メーカー直営店舗
バイク量販店全般(2りんかん・NAPS・南海部品・ラフ&ロード 等)

▼代表的なバイクウェアブランドのまとめはこちら!

SS(スーパースポーツ)に似合うカジュアル系バイクファッション例

ストリート系のファッション例

カジュアル系のアイテム別に分析

レーシング系のゴリゴリの服装で乗るイメージが強いスーパースポーツに、あえてTシャツ&デニムでカジュアルに乗るというのもまたかっこいいですよね。マッチョならなおさら!海外の写真ではよく見るような気がします。
スポーティな見た目には、カジュアル路線も全然ありですね。特にストリート系の服装は相性が良さそうです。

プリントTシャツ

無地のTシャツもありですが、派手めなプリントTシャツだとストリート色が強くてマッチしやすそうです。
バイクを意識したアパレルブランドとしてはDEUSなんかもありますね。また、ダイネーゼアルパインスターズなどもTシャツを出していたります。
あとはマッチョな身体を手に入れれば完璧ですね。。。

パーカー

フードがあると一気にカジュアルでストリート系な印象に!ヘルメットとの相性も良いので、自然にキマリそうですね。
SupremeのBOXロゴはすごく似合うだろうけど、全然手に入らないし転売系は高いんだよな。。。
こういったスケートボード系ブランドはストリート色が強く出やすいので、他にはStussyVOLCOMなんかも良さそうですね。
またスポーツブランドとしてNIKEaddidasなんかもありかも。

スキニー系のフィットしたデニム/ジョガーパンツ

特に、スキニーデニムなどフィットした細身のものと相性が良さそうですね。足首のあたりも絞れていて、シュッとしたスタイリッシュな見た目になります。ただ、あまり動き辛いものは疲れるので注意です。
また、アルパインスターズなどバイクブランドもデニムを出しているので、そういったものだと動きやすさや風を防いでくれたりと機能的には期待できます。
カジュアルブランドでは、G-Star RAWのスキニーデニムはストレッチが良くきいてて動きやすく良かったですね。
また、ジョガーパンツと呼ばれる、足首にゴムが入っているようなパンツもスポーティーな印象でかつ履き心地もいい感じです。ただ素材的に安全性は低いかも。。。

動きやすく滑りにくいスニーカー

ギアチェンジを行うため、ソールは滑りにくく、アッパーはしっかり感のあるスニーカーにしたいところ。
ダイネーゼアルパインスターズRSタイチなどのバイクウェアブランドが出しているスニーカーは、機能性はばっちりだし、スポーティで似合いそうです。
しかし、個人的にはスケートボードシューズ(スケシュー)との相性は抜群かと思います。VANSのSK8HIは良く履いているのですが、滑りにくく、丈夫に作られており、シフトタッチも良好なのでおすすめです。値段もバイクウェアブランドのものに比べてやすいですしね。
また、夏場に限られるかもですが、ナイキのフライニット(FLYKNIT)系のスニーカーも涼しいしスポーティでいいかも。

以上!SSに似合いそうな服装を調べてみました。
服は実際に試着したり、買って見たら失敗した。。。と大変ですが、
その分センスは上がるはず!
服装選びは楽しいですね^^

お気軽にコメントをどうぞ

※コメントは管理者の承認がおりてから掲載されます。
※スパム防止のため、「私はロボットではありません」にチェックを入れてからでないと投稿できません。

CAPTCHA


最新記事

  • 記事公開日:2020年08月10日
  • 最終更新日:2020年08月11日
  • カテゴリーバイクの種類
  • 記事公開日:2019年12月12日
  • 最終更新日:2019年12月15日
  • カテゴリーバイク用品