バイクのカテゴリー:スクランブラーの特徴

出典:DUCATI

スクランブラーの特徴

この独特な名称は、1960年代、
オンロードバイクをオフロードバイクに改造して行うスクランブルレースがあり、そこに出場するバイクのことをスクランブラーと呼んでいた事が由来だと言われています。
元はオンロードバイクを改造したものなので、オフロードバイクのように車高が高くもなく、タイヤが細くもない、ネイキッドやクラシックタイプのバイクのような風貌なのに、タイヤはオフロードっぽいものを履いているのが特徴といえそうです。

ふんわりしたメリット

・オシャレ
・性能も良さげ
・オフロードも走れる!
・軽くて取り回しが楽
・2人乗りがしやすいと思う

ふんわりしたデメリット

・比較的価格は高め
・スポーツバイクに比べると性能は劣る
・タンクは小さめかも

私の勝手な意見

出典:TRUIMPH

クラシックタイプのバイクの性能を上げて、スポーティーにしたイメージが強い。
かといって、オンロードではスーパースポーツ、オフロードではオフロードバイクと比べると性能は劣るかと思われる。
走行性能はネイキットと同じくらいか。
だから注目すべきは性能というより、その佇まい。
「バイクはそこそこ走ればいい!できるだけオシャレに乗りたい!」
だとか、
「ちょっとした砂利道も気兼ねなく乗りたい!」
っていう普段使いメインの人にぴったりな気がする。
しかもかなりポップなデザインだと思うし、
あんまりバイクが好きじゃない人でも、「なんとなくかっこいいし、楽しそうだなぁ〜」って思って乗って本当に楽しめるバイクだと思う。
スーパースポーツは前傾きついだとかお金かかるとかあるし、レトロバイクはブレーキあんま効かないとか性能面で不利だったり、なにかとハードルがあるバイクが多いけど、そういった負の面がほとんどない気楽なバイクだなぁと思います。(いや、ちょっと値段は高いか。。)

メーカー別スクランブラーの代表車種

YAMAHA

SCR950

出典:YAMAHA

DUCATI

SCRAMBLER

出典:DUCATI

BMW

R nineT Scrambler

出典:BMW

TRIUMPH

Street Scrambler

出典:TRIUMPH

バイクカテゴリー一覧に戻る

お気軽にコメントをどうぞ

※コメントは管理者の承認がおりてから掲載されます。
※スパム防止のため、「私はロボットではありません」にチェックを入れてからでないと投稿できません。

CAPTCHA


最新記事

  • 記事公開日:2019年12月12日
  • 最終更新日:2019年12月15日
  • カテゴリーバイク用品
  • 記事公開日:2019年09月02日
  • 最終更新日:2019年09月04日
  • カテゴリーバイク用品